無添加化粧品の比較ランキング

無添加化粧品の比較ランキング

無添加化粧品を使う!選び方と注意点

無添加化粧品選びで迷っている方へ。

失敗しない無添加化粧品選びのコツと注意点をご紹介します。

無添加化粧品選びのコツ1 無添加の表記でも100%体に無害というわけではない

広告会社の戦略で、「肌に優しい」や「安心・安全」といった文句が多くの化粧品に並んでいます。

ところが、無添加・植物由来・天然成分であれば敏感肌に優しいかといえば、必ずしもそうではありません。

無添加化粧品選びのコツ2 「無添加」の場合効果が出るのに時間がかかりやすい

人工的な作用ではなく、肌本来の再生機能等で肌環境を改善していく効果を期待するものが多いため、28日周期のリズムで徐々に改善していくのを気長に待つ必要があります。

反対に、即効性のある従来のものは、効果が高い反面、肌に対しての負荷も大きくなっています。

無添加化粧品選びのコツ3 見た目の使いやすさに対し冷静になる

清涼感や香りによって化粧品を選んでしまうと、その効果を出すためにアルコール・合成着色料、合成香料配合などを使っていることが考えられます。

しかしこれには肌に刺激を与えてしまう作用があるため、肌の状態を悪化させる恐れがあります。

無添加化粧品を使う上での注意1 効果に時間を要する

無添加化粧品は、低刺激であるがために効果を実感するのにも時間を要すします。

このため、うまく肌環境を改善していくには、ケミカルコスメで肌をある程度整えてから、恒久的に正常化していくために無添加化粧品を使うという併用がおすすめです。

無添加化粧品を使う上での注意2 配合されていない成分を見極める

無添加化粧品とはいえ、全てが無添加でなくとも、どれか1項目が添加されていなければこのように表記することができます。

この曖昧な基準を信じてパッケージだけを見て購入していてはいつまでも肌はきれいになりません。

肌に悪影響を与える成分が含まれていないかをしっかり見極める必要があります。

これが本物!防腐剤も自然系の無添加化粧品5選!

ここまで無添加化粧品の選び方についてご案内してきました。

防腐剤が自然のものや製造工程で農薬などが入っていないかどうかのチェックもしている、本当に自然のものだけで作られた無添加化粧品って、あるのでしょうか?

実は、少ないですが、あります。

世界には250以上もの無添加と名乗るメーカーがあるのですが、完全な無添加というのは、ごくごく限られています。

さらに国産となると、本当に少ないです。

ここからはそんな希少な5つのメーカーについてご案内いたします。

もちろん、保存料、界面活性剤、ポリマー、シリコンオイル、鉱物系の油、着色料、香料は、いずれのブランドも不採用です。

多くの無添加化粧品ブランドが保存料や防腐剤にはフェノキシエタノールを使用していますが、もちろん、ここでご案内するブランドでは使用していません。

敏感肌も赤ちゃんもOK!の「納得無添加」がコンセプト「無添加工房OKADA」

無添加工房OKADA

敏感肌の方も納得できる無添加化粧品を作り続ける無添加化粧品の「無添加工房OKADA」。

国内でいち早く本当の無添加に着目したブランドです。

原材料の製造過程や抽出などの過程で、化粧品に合成化合物が入らないことを確認した、キャリーオーバーもできている原材料を使用。

防腐剤にフェノキシエタノールなどの自然のものではないものを使用せず、ワサビ根発酵エキスを使用。

商品パッケージのどこを見ても、自然のもの以外は入っていないことが分かります。

誰もが納得できるレベルで無添加を実現した無添加化粧品を作り続けるのが無添加工房OKADAです。

国産の無添加化粧品メーカー「無添加工房OKADA」の公式サイトはこちらです。

無添加化粧品の無添加工房OKADA

水にもこだわる!国産オーガニック化粧品「ブルークレール」

ブルークレール

使う水にもこだわりを見せる無添加化粧品のブルークレール。

※白神山地の湧き水を使用

オーガニック認証取得成分や防腐剤にフィトエナジー、乳化剤に大豆由来の成分を採用しています。

まだ安全性が確認されていないナノ系の技術は不採用です。

国産の無添加化粧品メーカー「ブルークレール」の公式サイトはこちらです。

国産オーガニック化粧品「ブルークレール」

完全無農薬自家栽培のハーブ使用!ピュアノーブル

ピュアノーブル

完全無農薬自家栽培のハーブ、それから白樺樹液がポイントのピュアノーブル。

原料の育成からこだわりを持っている無添加化粧品ブランドです。

ただ、冷蔵庫での保存というのが-(マイナス)です。

天然由来の安全な防腐剤を使う方が、より便利です。

国産の無添加化粧品メーカー「ピュアノーブル」の公式サイトはこちらです。

オーガニック化粧品の「ピュアノーブル」

100%オーガニック!HANAオーガニック

HANAオーガニック

意識高い系の無添加化粧品を生み出すHANAオーガニック。

BG(ブチレングリコール)、PG(プロピレングリコール)といった石油由来の溶剤ももちろん使っていません。

今の自分が持つ最大限の肌の力を引き出すことを目的にしています。

国産の無添加化粧品メーカー「HANAオーガニック」の公式サイトはこちらです。

天然100%のオーガニックコスメ「HANAオーガニック」

沖縄の恵みを使ったオーガニックコスメ「琉白(るはく)」

琉白

沖縄の恵みを使っているだけではなく、「エコサート認証」という世界規模のオーガニック認証も受けています。

開発者が月桃(げっとう)に出会うことで、奥様の肌荒れを・・・というところから、スタートしています。

ノンケミカルで100%天然由来の成分だけの無添加化粧品を目指しています。

国産の無添加化粧品メーカー「琉白(るはく)」の公式サイトはこちらです。

エコサート認証の沖縄オーガニックコスメ琉白

まとめ

健康的に美しくなりたい!という方には、本物の無添加化粧品を使ってもらいたいものです。

敏感肌で困っている人、「エコな化粧品を使いたい」、「安全・安心なコスメを使いたい」と願っているなら、ぜひ、ここで取り上げた5つの無添加化粧品メーカーのアイテムをお試しください。

今すぐではありませんが、使い続けていくうちに、きっと、あなたの身体が持つ、自然治癒力や免疫力を最大限に高めてくれると思います。

まずはターンオーバーが2回ぐらい終わる3ヶ月をめどに使ってみてください。

未分類