無添加化粧品の比較ランキング

無添加化粧品の比較ランキング

無添加化粧品を使う!選び方と注意点

無添加化粧品選びで迷っている方へ。

失敗しない無添加化粧品選びのコツと注意点をご紹介します。

無添加化粧品選びのコツ1 無添加の表記でも100%体に無害というわけではない

広告会社の戦略で、「肌に優しい」や「安心・安全」といった文句が多くの化粧品に並んでいます。

ところが、無添加・植物由来・天然成分であれば敏感肌に優しいかといえば、必ずしもそうではありません。

無添加化粧品選びのコツ2 「無添加」の場合効果が出るのに時間がかかりやすい

人工的な作用ではなく、肌本来の再生機能等で肌環境を改善していく効果を期待するものが多いため、28日周期のリズムで徐々に改善していくのを気長に待つ必要があります。

反対に、即効性のある従来のものは、効果が高い反面、肌に対しての負荷も大きくなっています。

無添加化粧品選びのコツ3 見た目の使いやすさに対し冷静になる

清涼感や香りによって化粧品を選んでしまうと、その効果を出すためにアルコール・合成着色料、合成香料配合などを使っていることが考えられます。

しかしこれには肌に刺激を与えてしまう作用があるため、肌の状態を悪化させる恐れがあります。

無添加化粧品を使う上での注意1 効果に時間を要する

無添加化粧品は、低刺激であるがために効果を実感するのにも時間を要すします。

このため、うまく肌環境を改善していくには、ケミカルコスメで肌をある程度整えてから、恒久的に正常化していくために無添加化粧品を使うという併用がおすすめです。

無添加化粧品を使う上での注意2 配合されていない成分を見極める

無添加化粧品とはいえ、全てが無添加でなくとも、どれか1項目が添加されていなければこのように表記することができます。

この曖昧な基準を信じてパッケージだけを見て購入していてはいつまでも肌はきれいになりません。

肌に悪影響を与える成分が含まれていないかをしっかり見極める必要があります。

未分類